ページが変わらない方はこちら

「引用文献:」はこちら

続・戦争と令和

〜シリーズ「米中朝のX DAY」(68)〜

Originally written: May 01, 2019(web版)
Second update: May 01, 2019(mail版)(:続・戦争と令和:週刊アカシックレコード190501)

【小誌2009年8月13日「ウィキノミクスの虚構〜シリーズ『失業革命』(5)」は → こちら
【小誌2009年8月27日「寄生虫の論理〜ネット『無料』文化の罪〜シリーズ『失業革命』(6)」は → こちら
【小誌2012年3月26日「反日感情の正体〜韓国=アルジェリア方程式〜シリーズ『反態度的行動』(1)」は → こちら
【小誌2014年6月9日「北朝鮮崩壊神話〜『北朝鮮崩壊』という神話〜シリーズ『米中朝のX DAY』(18)」は → こちら
【前回、小誌2019年4月30日「戦争と令和〜シリーズ『米中朝のX DAY』(67)」は → こちら

■続・戦争と令和〜シリーズ「米中朝のX DAY」(68)■
前回述べたように、北朝鮮が中国に侵攻して始まると想定される「中朝戦争」の開戦日は、2019年3月3日に設定されたあと、延期された。
では、新たに設定された開戦日はいつか。
それは、2019年4月に、ある政治家の口から飛び出した、唐突な発言からわかる(2019年5月1日頃配信予定)。
_
_

東日本大震災、熊本地震、北海道胆振(いぶり)東部地震の被災者の方々には衷心よりお見舞いを申し上げます。

「ある政治家」とはだれか。
「唐突な発言」とは何か。
そして、開戦日はいつか。

考えてみて下さい。

【この先、記事本文こちらでメールマガジンの読者登録をなさって(発行月の翌月以降こちらでバックナンバーとして)お読み下さい。
この記事がすでに配信されている場合でも、配信当月の月末までにまぐまぐで読者登録をなされば、無料で、バックナンバーとしてお読み頂けます(登録直後に登録なさったメールアドレスに送信されます)。
月間購読料(登録料)の本体価格は100円(消費税別)ですが、登録した最初の月は0円で、購読料が課金されるのはその翌月からです。最初の月の末日までに登録解除すれば、一切課金されません
この「当月無料」システムについてはこちらでもご確認頂けます。
尚、登録申し込みには「まぐまぐ!」の利用者登録(無料)も必要です。
メールマガジンが正しく送られて来ない場合は (メールソフトのアンチスパム/迷惑メールフォルダをチェックなさったうえで) こちらにお問い合わせ下さい。
バックナンバーが正しく送られて来ない場合はこちらにお問い合わせ下さい。
「まぐまぐ!」についてのお問い合わせはこちらにお願い致します。
上記の月間購読料(登録料)はこの記事が配信された月の金額です。最新の金額については、こちらでご確認下さい。
小誌の筆者と編集部は、購読(課金)手続きや配信業務には一切関与せず、それらすべてを「まぐまぐ」に代行して頂いております。したがって、クレジットカード等の手続きの問題や、メールマガジンの遅配、不達などに関してはすべて「まぐまぐ」にお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。小誌編集部は課金・配信のシステムに一切触れることができないので、何卒宜しくご理解下さいませ。】

引用文献

文春 (2006). 「開戦前夜『中朝国境』もの凄い修羅場」, 『週刊文春』2006年11月9日号 pp.40-41.

DailyNK Japan (2009). 「北朝鮮の秋の収穫…今もカマで稲刈り」, DailyNK Japan 2009年10月12日 http://dailynk.jp/archives/7001 (2017年5月28日アクセス)

DailyNK Japan (2016). 「北朝鮮『田植え戦闘』開始で社会に悪影響」, DailyNK Japan 2016年5月25日 http://dailynk.jp/archives/67466 (2017年5月28日アクセス)

ecodb (2019). 「日本のインフレ率の推移」, 『世界経済のネタ帳』 2019年2月26日 https://ecodb.net/country/JP/imf_inflation.html (2019年2月28日アクセス)【】

船越 翔 (2019). 「希少金属 脱『中国依存』 トランプ政権、再利用拡大へ」, 読売新聞 2019年3月31日付朝刊1面【】

船越 翔・黒見周平 (2019). 「資源依存 米国の泣き所 希少金属 中国の禁輸、日本も経験」, 読売新聞 2019年3月31日付朝刊9面【】

星 岳彦 (2015). 「日の出と日の入りの計算」, hoshi-lab 2015年 https://www.hoshi-lab.info/env/solar-j.html (2019年4月21日アクセス)【】

時事 (2019a). 「首相動静(2月19日)」, 時事通信 2019年2月20日 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019021900172&g=pol (2019年2月20日アクセス)【閣議後に26分の空白。米投資G「ブラックロック」CEO、長谷川首相補佐官、内閣情報官と27分。内閣情報官、防衛省情報本部長らと8分。内閣情報官と21分】

時事 (2019b). 「首相動静(2月21日)」, 時事通信 2019年2月22日 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019022100306&g=pol (2019年2月22日アクセス)【公邸発、皇居で内奏39分。NSC局長、内閣情報官、統幕長と16分。公邸泊】

時事 (2019c). 「首相動静(2月22日)」, 時事通信 2019年2月23日 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019022200278&g=pol (2019年2月23日アクセス)【閣議後に79分の空白。昼飯時に日銀総裁と71分。皇太子殿下に報告31分。内閣情報官と35分】

時事 (2019d). 「首相動静(3月29日)」, 時事通信 2019年3月30日 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019032900272&g=pol (2019年3月30日アクセス)【閣議後に12分の空白。内奏43分。官邸で1時間47分、1時間23分の空白。内閣情報官と29分。東宮御所で皇太子殿下と20分。料亭で葛西敬之氏、内閣情報官と2時間12分】

加藤嘉一 (2016). 「中国で『農業戸籍』廃止、経済社会はどう変わる?」, ダイヤモンド・オンライン 2016年9月27日 http://diamond.jp/articles/-/102978 (2018年1月15日アクセス)

桐野作人 (2007a). 「本能寺の変の仕掛け人、斎藤利三」, 『だれが信長を殺したのか 本能寺の変・新たな視点』 PHP研究所 pp.159-202.

桐野作人 (2007b). 「『不慮謀叛』ついに決行さる」, 『だれが信 長を殺したのか 本能寺の変・新たな視点』 PHP研究所 pp.203-269.

日テレNEWS24 (2019a). 「新元号“絞り込み”最終段階 日本古典も」, 日テレNEWS24 2019年3月1日 http://www.news24.jp/articles/2019/03/01/04418827.html (2019年4月16日アクセス)【】

日テレNEWS24 (2019b). 「菅長官 14日に元号の考案者に正式依頼」, 日テレNEWS24 2019年3月24日 http://www.news24.jp/articles/2019/03/24/04423740.html (2019年4月16日アクセス)【】

小川直樹 (2019). 「中国 『知財保護』を強調 全人代 技術移転の強制禁止法案」, 読売新聞 2019年3月24日付朝刊11面【】

須田慎一郎・高 英起 (2017). 「北朝鮮が軍事行動を控えている意外な理由とは?」, 『須田慎一郎のあさラジ!』, ニッポン放送 2017年11月20日 http://www.1242.com/lf/articles/80473/ (2018年8月29日アクセス)

スポニチ (2019). 「ハリルホジッチ氏側が訴訟取り下げ 『未来への挑戦に専念』」, スポニチAnnex 2019年4月10日 https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/04/10/kiji/20190410s00002000216000c.html (2019年4月23日アクセス)【】

内村浩介 (2019). 「英、空母『クイーン・エリザベス』太平洋に派遣へ 中国反発、財務相訪中が中止に」, NewSphere 2019年2月21日 https://newsphere.jp/world-report/20190221-3/ (2019年2月25日アクセス)

鵜飼哲夫 (2019). 「令和 新時代の目標 国文学者 中西 進氏 まねるのではなく 取り込むのが日本文化 戦争のなかった『平成』の次に」, 読売新聞 2019年4月17日付朝刊11面【】

読売 (1989a). 「新元号を追跡(2)手術直後 考案を次々に委嘱」, 読売新聞 1989年1月9日付朝刊2面【】

読売 (1989b). 「新元号を追跡(16)考案者 歴史学者の山本氏か」, 読売新聞 1989年1月26日付朝刊2面【】

読売 (2015). 「昭和時代 1980年代(35)昭和天皇崩御(中)」, 読売新聞 2015年12月12日付朝刊24面【】

読売 (2018). 「迫る改元 現状と課題(5)『平成』 竹下氏が実質決定 的場順三氏」, 読売新聞 2018年8月11日付朝刊4面【】

読売 (2019a). 「改 基礎からわかる元号 特集その1」, 読売新聞 2019年2月26日付朝刊6面【】

読売 (2019b). 「社説 中国の外資保護 技術移転強制の懸念は残る」, 読売新聞 2019年3月24日付朝刊3面【】

読売 (2019c). 「自民党研究(7)保守層 くすぶる不満 『改憲』がかすがい」, 読売新聞 2019年3月26日付朝刊4面【】

読売 (2019d). 「新元号あす発表 日本の古典引用 焦点」, 読売新聞 2019年3月31日付朝刊2面【】

読売 (2019e). 「『梅花の歌』詠まれた時代」, 読売新聞 2019年4月2日付朝刊25面【】

読売 (2019f). 「令和に『十七条の憲法』精神 国文学者・中西進氏『和をもって貴しとせよ』」, 読売新聞 2019年4月17日付朝刊1面【】

読売 (2019g). 「消費増税『6月短観次第』自民・萩生田氏が発言 菅氏は否定」, 読売新聞 2019年4月19日付朝刊2面

このページの先頭に戻る。

 (敬称略)

はじめに戻る