「引用文献:」はこちら

続・謎の4分間

〜シリーズ「米中朝のX DAY」(54)〜

Originally written: Feb. 01, 2018(web版)
Second update: Feb. 01, 2018(mail版)(続・謎の4分間:週刊アカシックレコード180201)

【小誌2009年8月13日「ウィキノミクスの虚構〜シリーズ『失業革命』(5)」は → こちら
【小誌2009年8月27日「寄生虫の論理〜ネット『無料』文化の罪〜シリーズ『失業革命』(6)」は → こちら
【小誌2012年3月26日「反日感情の正体〜韓国=アルジェリア方程式〜シリーズ『反態度的行動』(1)」は → こちら
【小誌2014年6月9日「北朝鮮崩壊神話〜『北朝鮮崩壊』という神話〜シリーズ『米中朝のX DAY』(18)」は → こちら
【前回、小誌2018年1月31日「謎の4分間〜シリーズ『米中朝のX DAY』(53)」は → こちら

■続・謎の4分間〜シリーズ「米中朝のX DAY」(54)■
「中朝戦争」はいつ開戦するのか。
その直前にありうる、北朝鮮による「最後の核実験」が実施されるとすれば、その実施日はいつか(2018年2月1日頃配信予定)。
_

東日本大震災、熊本地震の被災者の方々には衷心よりお見舞いを申し上げます。

開戦日はいつなのか。
「最後の核実験」はいつ実施されるのか。

考えてみて下さい。

【この先、記事本文こちらでメールマガジンの読者登録をなさって(発行月の翌月以降こちらでバックナンバーとして)お読み下さい。
この記事がすでに配信されている場合でも、配信当月の月末までにまぐまぐで読者登録をなされば、無料で、バックナンバーとしてお読み頂けます(登録直後に登録なさったメールアドレスに送信されます)。
月間購読料(登録料)の本体価格は100円(消費税別)ですが、登録した最初の月は0円で、購読料が課金されるのはその翌月からです。最初の月の末日までに登録解除すれば、一切課金されません
この「当月無料」システムについてはこちらでもご確認頂けます。
尚、登録申し込みには「まぐまぐ!」の利用者登録(無料)も必要です。
メールマガジンが正しく送られて来ない場合は (メールソフトのアンチスパム/迷惑メールフォルダをチェックなさったうえで) こちらにお問い合わせ下さい。
バックナンバーが正しく送られて来ない場合はこちらにお問い合わせ下さい。
「まぐまぐ!」についてのお問い合わせはこちらにお願い致します。
上記の月間購読料(登録料)はこの記事が配信された月の金額です。最新の金額については、こちらでご確認下さい。
小誌の筆者と編集部は、購読(課金)手続きや配信業務には一切関与せず、それらすべてを「まぐまぐ」に代行して頂いております。したがって、クレジットカード等の手続きの問題や、メールマガジンの遅配、不達などに関してはすべて「まぐまぐ」にお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。小誌編集部は課金・配信のシステムに一切触れることができないので、何卒宜しくご理解下さいませ。】

引用文献

福森 誠 (2017). 「日中、インフラ投資協力 北京で企業家対話 『一帯一路』見据え」, 読売新聞 2017年11月21日付朝刊11面

浜口道成・増満浩志 (2017). 「論点 日本の科学研究 国際化急げ」, 読売新聞 2017年6月20日付朝刊11面

時事 (2017a). 「首相動静 (12月15日)」, 時事通信 2017年12月16日 https://www.jiji.com/jc/article?k=2017121500259&g=pol (2017年12月16日アクセス)

時事 (2017b). 「首相動静 (12月16日)」, 時事通信 2017年12月17日 https://www.jiji.com/jc/article?k=2017121600254&g=pol (2017年12月17日アクセス) _ 時事 (2017c). 「首相動静 (12月17日)」, 時事通信 2017年12月18日 https://www.jiji.com/jc/article?k=2017121700196&g=pol (2017年12月18日アクセス)

時事 (2017d). 「首相動静 (12月18日)」, 時事通信 2017年12月19日 https://www.jiji.com/jc/article?k=2017121800217&g=pol (2017年12月19日アクセス)

時事 (2017e). 「首相動静 (12月19日)」, 時事通信 2017年12月20日 https://www.jiji.com/jc/article?k=2017121900297&g=pol (2017年12月20日アクセス)

時事 (2017f). 「首相動静 (12月20日)」, 時事通信 2017年12月21日 https://www.jiji.com/jc/article?k=2017122000219&g=pol (2017年12月21日アクセス)

時事 (2017g). 「首相動静 (12月21日)」, 時事通信 2017年12月22日 https://www.jiji.com/jc/article?k=2017122100332&g=pol (2017年12月22日アクセス)

加藤嘉一 (2016). 「中国で『農業戸籍』廃止、経済社会はどう変わる?」, ダイヤモンド・オンライン 2016年9月27日 http://diamond.jp/articles/-/102978 (2018年1月15日アクセス)

鎌田秀男 (2018). 「『脱石炭』凍える中国 急速な環境対策 暖房燃料不足 企業活動にも支障」, 読売新聞 2018年1月6日付朝刊8面

毎日 (2017). 「日本政府 『一帯一路』民間協力指針 ビジネス後押し」, 毎日新聞web版 2017年12月4日 https://mainichi.jp/articles/20171204/k00/00m/010/097000c (2018年1月9日アクセス)

日経 (2016). 「内閣府政策統括官に新原氏ら」, 日経新聞 2016年6月14日 https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS14H2G_U6A610C1EAF000/ (2018年1月6日アクセス)

Sponichi (2017). 「大谷 ご指名? ジャイアンツが交渉一番乗り 数日前に連絡か」, Sponichi Annex 2017年12月6日 https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/12/06/kiji/20171205s00001007357000c.html (2018年1月10日アクセス)

上村健太 (2017). 「スキャナー 空母 同盟強化狙う 『いずも』改修検討 米機に補給『需要ある』 防衛大綱見直しへ議論必至 圧倒の米戦力 中露が対抗」, 読売新聞 2017年12月26日付朝刊3面

読売 (2017a). 「安倍首相の一日 18日」, 読売新聞 2017年12月19日付朝刊2面

読売 (2017b). 「新TPP 2月にも署名 日本政府 カナダ説得急ぐ 不参加なら10か国視野」, 読売新聞 2017年12月22日付朝刊1面

読売 (2017c). 「安倍首相の一日 21日」, 読売新聞 2017年12月22日付朝刊2面

読売 (2017d). 「護衛艦『いずも』 空母改修 政府検討 離島防衛の拠点 米軍機の発着想定」, 読売新聞 2017年12月26日付朝刊1面

読売 (2018a). 「アサヒビール 3%賃上げへ」, 読売新聞 2018年1月6日付朝刊2面

読売 (2018b). 「賃上げ3% 企業前向き 経済3団体 新年祝賀会 北朝鮮、中東情勢に懸念も」, 読売新聞 2018年1月6日付朝刊6面

このページの先頭に戻る。

 (敬称略)

はじめに戻る